ここ吉野川、ラフティング?魚?なますて!

なますてっエブリバディっ ラフティングしてますかー???

ラフティングのハッピーラフト、ラフティングとキャニオニングのガイドしよるがですタカです。

なますかーるっ!!!!

暑い夏を元気にすごしていますか??????

いやなまらあつい!!

ぼふっとあつい!!ぼふっとがらむ!!!

これインド語でとても暑いて意味ながです。

まあそんな感じで2018年のラフティングシーズン始まりました。

ついこの前までは台風とその後の大雨で吉野川は大氾濫。。。。

やっと水量が落ち着いてきたのですが吉野川の水はまだちょっと?ん、いや結構濁っています。ってもエメラルドグリーンでそれはそれで綺麗なんですが、普段は川底が見えるくらい透き通っているがです。

んで、ハッピーラフトのラフティングベースから魚、特にでかい鯉なんかが見えちゃうがですきに。

ここ吉野川にはたくさんの魚たちがおるがです。

梅雨時期にはたくさんのホタルもおるがですきに。

ここ数年は吉野川の支流に赤ちゃんホタルのえさとなるタニシの仲間カワニナも増えてきていてほんっとホタル綺麗に飛び回っています。

でもまあ吉野川といえば夏の風物詩的存在のアユ!!

真夏の吉野川本流ではたくさんのアユ釣り師が来ていて、日々アユとの格闘を繰り広げられています。

アユは大きいのになると30cmを超える大物も釣れちゃうんです。なので全国各地からアングラー(釣りキチ)達がこぞって集まるんです。

僕たちもそんな釣り師たちの中を縫うようにラフティングするときもあるがです。

ようけ釣れとるおんちゃん達は笑顔で手を振ってくれますが、思うようにつれないおんちゃん達は僕らラフティングの人たちに見向きもせずにせっせと戦い続けているがです。

アユもいるけどアメゴもおるがです。アメゴは渓流の女王といわれるくらい綺麗な魚なんです。アメゴってのは高知の方言で全国的にはアマゴ呼ばれとります。

体の横にはきれいな黒っぽい楕円形の模様、これパーマーク言います。これに赤い点々!んービューティフル!!!そしてなによりうまいーーーーんですよ。

この魚、でかくなるとサツキマスって名前にかわります。すと横の模様が消えて銀ピカに。あごがしゃくれてサケっぽくなるんです。

こうなると釣り人達の憧れのアイドルみたいな存在になります。

吉野川でのラフティング中、ボートの上からまれに見れることもあるんですが、激レアです。

こんなん釣れたら最高です。。。。。

あーーー。んーーー。んごーーーい!!!

あとは、、、、、うなぎ!!!こりゃーまたうまい!!こじゃんとうまいき!!!

ってな感じでうなぎのとうじょうです。

最近では日本の天然うなぎが減少しとるとかなんやかんや言っとりますが吉野川周辺ではまだまだおるがですよ。

ウナギを食べたら元気いっぱい!ラフティングにも精がでるがです。

昼間には岩の中なんかに隠れてて夜になると出てきて餌となる小魚などを探して泳ぎ回っています。

にょろにょろにゅるにゅる捕まえるのは至難の技です。

ちなみにニュージーランドでは日本では考えられないほどブットイうなぎがたくさん泳いでいます。。。釣りすれば入れ食い状態です。

でかくてぶよぶよしてて違う生き物みたいです。

こんな。

でかいっしょ!でかいんです。

ニュージーランドでのラフティング中、牛の死骸に群がる彼らを見たことがあります。とってもえぐいです。

けど食べたら以外に美味かったんです。

もちろんかば焼き風。

次はナマズ!

こいつはでかい!!

吉野川ではこんなでかいナマズは見たことないけどそれでも50cmくらいのは見ました!

嘘じゃないです。見たんです。夜の吉野川を泳いでて見たんです!!

ナマズもかば焼きにするとウナギに負けじとうまいがですよ。

次はモツゴ!

これはラフティング中、キャニオニング中もよく見かけるちっこい魚です。

上から見ると背中に黄色い模様が見れます。

地肌をつんつんしてきてこしょばいです。まるで吉野川のドクターフィッシュ。

そうそう鯉もよく見かける魚の一つです。

吉野川にはニゴイがたくさん。

でかいです。骨が多いです。ルアーで釣れます。

あまり皆から歓迎されないかわいそうな魚の一種です。

パワフルなので釣り的には面白いですがなんせ骨が多い!!!

ラフティングボートの上から見かけることも良くあります。

ラフティングツアー中に飛び込みする岩の上からもよく見かけます。

あとはなんやマイナーな小魚たちがワラワラしてます。

そう、エビもいますっ!

ラフティングで下る吉野川ではなく、支流の川にたくさんいます。

だいたいモエビ。夕方になると出てきます。

夜はモエビのお祭り騒ぎ。

透明でちっこくて綺麗です。

水槽に入れると苔掃除に励む頑張り屋さん。

かわゆいがーです。

たくさん集めてかき揚げにするとナイステイストです。

まれにテナガエビもいます。

名前の通り手が長いエビです。

こっちの方がもちょっとでかいし食い応えがあるんです。

こんな感じで吉野川流域にはうまいものがたくさんあるがです。

ぜひこちらにお越しの際はハッピーラフトでラフティングやらキャニオニングやらしつつシュノーケリングセットか釣り道具を持ってきてそこらの滝つぼやらを探検してみて下さい。

きっと新しい発見が待ってます。

夜は星空の綺麗なゲストハウスで酒を飲み明かしましょう!!

ちなみに今年は満月の夜に行われるフルムーンラフティングもあるみたいですよ。

夜の川遊びはなんだかイケない遊びをしてるようでわくわくします。

そんな僕をどなたか夜の川に連れ出して下さい。。。。

おもしろいよー

てな感じでまた会いましょうエブリバディ!

なますてっ!!