増量中!!

昨日の大雨の影響で、吉野川が大増水中です!

普段は、川底が丸見えなくらいきれいな吉野川も、今日はコーヒー牛乳色。

中止水量ギリギリで、波がでっかい!

高松から来てくれたお兄さん方も、笑顔で帰ってくれました。

でっかいのが好きなひと!今ですよーーー!

ラフティングと私

こんにちは。

去年からハッピーラフトで働いています西田奈穂といいます。

大阪出身の37歳。見た目は若く見られますが、割と歳くってます。

私がラフティングに出会ったのは大学4回生の頃。もう随分前になります。

当時、一般企業への就職なんて全く考えていなかった私は、友人から「徳島県に日本一の激流と言われる川があり、そこのラフティングが最高らしい」と聞きました。

ラフティング?何それ?日本一の激流?徳島?期待に胸を膨らませながら、楽しみにしていると、タイミング良く?台風直撃!!!ギリギリまで待って、なんとか午後からの半日ツアーであれば開催できるとのこと。やったー。

増水により、徳島県側の小歩危ラフティングは出来なかったものの、初めて体験した大歩危ラフティングにものすごく衝撃を受けました。

こんな激流をパドル1本で巧みに操作するこの人たちは一体何者だ!!!と。

そして、思ってしまったのです。「ラフティングガイドになりたい!」と。

あの時以上のひらめきは後にも先にもありません。

体に稲妻⚡が走った!といえば、大げさですが、その位の衝撃を受けました。

2か月後、念願だった徳島・小歩危峡でのラフティングを体験し、自分の進路を確信した私は、春からの新生活が楽しみで仕方がありませんでした。

大学卒業後、高知県にあるラフティング会社のガイド養成トレーニングに参加したのですが、お客さんの延長で来た私の考えはいとも簡単に崩れ落ち、その後何度も後悔するハメに💦

そんな若気が至りまくりの当時の私に、ラフティングを優しく、時に厳しく教えてくださったのが、ハッピーラフト現社長てるさん。

ラフティングを始めて1ヶ月、私はトレーニング中に死ぬ思いをしました。今思えば川をなめていたのだと思います。無事に仲間に救出され、大事には至らなかったのですが、しばらくは川を見る事ですら怖い。トレーニング中も泣いてばっかりでした。諦めて帰ろうと思っていた時、てるさんの言葉。「川は怖い。でも、その怖さをコントロールする事が出来るようになる」その言葉が心の支えでした。てるさんも新人の頃、怖い思いをしたと経験談を交えて励ましてくださいました。

自然をなめたらあかん。自然には適わない。今も肝に命じています。

そして、未だに、茶色く濁った川を見るのは好きではありません笑

翌年、私は徳島県の西祖谷という地域の古民家で暮らし始めました。実家よりも遙かに広い夢の一戸建てです。初めての一人暮らしで経験した事はが今の自分を創ってくれたと思っています。その後、約5年間、徳島県での田舎暮らしを満喫し、一旦大阪に戻ることにしました。関西へ戻ってからも細々とラフティングを続けていました。大阪から和歌山県に引っ越し、関西での暮らしに大きな不満はなかったものの、このままでいいのかなーと先の見えない悩みもありつつ、何か変化を求めていた様な気がします。そんな中、お世話になった方が亡くなられたとの一報。思い出が詰まり過ぎて、何となく避けていた四国。これは、何かのご縁かもしれない。よし、最後に会いに行こう。

四国を離れて、すでに8年が経っていました。

無事にお別れも済ませ、懐かしい友人との再会も果たし、帰る前にハッピーラフトに立ち寄った時、マークに「空席あるから乗る?」と声を掛けてもらいました。そして、徳島県小歩危峡・大滝の瀬からラフトに乗せてもらいました。久しぶりの吉野川はものすごく刺激的で、そこで働くスタッフもみんなキラキラしていて、やっぱりここはラフティングの聖地だ!と思ったのを覚えています。

そして、やっぱり、ラフティングって楽しいなと。

※大滝サーフィンでひっくり返りそうなボートに必死にしがみつく。奥から2番目が私。

 

 

 

 

 

 

1年後にラフティング世界大会を控えていた吉野川。この先日本で開催される事はおそらくないだろう。そんな大会を自分の目で見てみたい。そして、大会を運営する諸先輩方、大会に出場するガイド仲間。何か私に出来る事はないのかな。どんな小さい事でも関わりたい、手伝いたい。帰る頃にはすでにそんな思いに心が占領されてしまいました。

さて、帰ってからの私。

どうする?四国戻る?ラフティングは楽しいだけじゃない。むしろしんどい事の方が多い。自分はそんなに若くない。ラフティングガイドとしてのブランク、体力面、精神面の不安。今の暮らしに不満はない。どうしよう。何も働かなくても観客で見に行けばいいんじゃない?とか、自問自答しながらと悩む事半年。

一度きりの人生。とりあえず、動こう!環境を変えよう!と思い、舞い戻って来ました。ただいま四国。ただいま吉野川

ただいま大歩危・小歩危

帰って来てからは、やっぱり甘かったー!!と痛感する日々。

ハッピーラフトのガイドは四国の会社の中でもトップクラスのプロ集団。

仕事は決して楽ではないし、当たり前だけどトレーニングもしんどい。

仕事も遊びもとことん本気で向き合う、仲間思いの人が集まる場所。

そして、そんなガイドたちをしっかりとサポートしてくれるバックスタッフ。

自分の中の常識がいとも簡単に覆えされていく。善悪って何だろう、常識って何だろう。色んなものに固執していた自分が急にちっぽけに思えたりもした。

私がこの会社に恩返し出来ることはあるのか?ここに居ていいんだろうかと悩む・・・

って、センチメンタルに浸っている暇なんてなく、繁忙期突入。あっという間に夏が終わる。本当にあっという間だった。

秋。ラフティング世界大会。二度目のお盆の様な忙しさ笑

ここでも、ハッピーラフトメンバーの活躍が大会を支える。ほんとにすごい人たちと一緒に働けているんだなーと実感。

四国に帰って来て良かったな。新しい事を始めて良かったな。新しい事を始めるのに、年齢制限はないのかもしれないな。

人は日々変化していかなきゃいけない。そう思う事が出来たシーズンでした。

 

そして、春。

再び私は四国に帰ってきました。

おかえり!と笑顔で迎えてもらえて、本当に嬉しかった。

冬はアウトドアとは無縁の仕事をしていましたが、ハッピーラフトでの経験があったおかげで、電光石火のようにキレやすかった私の心がほんのちょっとまぁるくなった気がします。それでも、まだたまにイラっとしてしまうので、今シーズンはもっと大らかになろうと思います笑

 

自然の中に身を置く。太陽の日差しで目を覚まし、星空を見上げる。美味しいごはんを食べる。楽しくビールを飲む。心地良い音楽を聴く。

シンプルだけど、ここでしか味わえない最高の暮らし。時に刺激的で、時に穏やかなここ四国吉野川の側で過ごす夏。

 

自分のやりたいことは何か、自分の人生をどんな風に設計していくか。

少なくとも、私はラフティングに出会った事で、今この人生を歩んでいます。

自然から、仲間から教わったことばかりです。ありがとうございます。

みなさんも、たった1回のラフティングがきっかけで何かが変わるかもしれません。大切なものに気づけたり、進むべき人生の道筋が見えたり。

って、そんな重く考えなくていいので、ぜひ吉野川の水に浸りに来てください。

自然溢れるこの土地で、思いっきり太陽を浴びてみて下さい。

日頃のモヤモヤした気持ちや、ストレスが一瞬で吹き飛びます。

ハッピーラフトのスタッフに会いに来てください。

魅力的な人たちばかりです。自然と笑顔が生まれます。

明日からまた頑張ろう!と思えるはずです。

みなさんの毎日に笑顔が溢れますように。

放送日決定~!!

先日、ハッピーラフトが取材協力した番組の放送日が決まりました~✨✨

都会のオトナ女子👧が高知の魅力を紹介する旅番組です。

高知の魅力がたっぷりつまった、内容の濃い~~1時間となっております。

高知県は文化、歴史、グルメ🍴、酒🍻などなど、いいところがたくさんあるのですが、、アウトドアアクティビティもすっかり高知に定着してきましたね~

今回、ハッピーラフトではこのアウトドアアクテビティに協力させて頂き、大歩危ラフティングを満喫して頂きました。

そして、担当ガイドはもちろん!ハッピーラフトの広告塔、われらがマーク!!!

モデルのお2人がまぁべっぴんさんでした♥ 終始ご満悦なマークにもご注目下さい。

番組タイトル:『コウチの旅美人 オトナ女子×南国土佐』

放送日:2018年7月1日(日) 12時~ BS TBSにて

    2018年7月11日(水)19時~テレビ高知にて

モデルさんプロフィール↓

◎倉本康子さん◎ 

ファッション誌などで活躍するモデル。ライフスタイルでも多くのファンに支持されている。また、自他共に認める酒好き。BS TBS「おんな酒場放浪記」に出演中。

◎白石みきさん◎

3歳でモデルデビューし、様々な雑誌、テレビ番組などで活躍中。2009年からTBS「世界ふしぎ発見!」でミステリーハンターとして出演。世界各国を旅する。

 

6月2日梅雨入り直後のドピーカン小歩危!!水量最高!!

いや~、皆さん梅雨入りしたというだけで、心までジメジメしていませんか?

そんな皆さんに、心の雲を吹き飛ばす、写真を1枚

今、ですよ、今

水量最高、飛び込んだり、泳いだりしても、そんなに寒くない

そして、サーフィンもいい感じです。

動画で乗せたかったのですが、容量の都合で見せられないのが残念です

今、本当に小歩危らしい水量です。

晴れさえすれば寒くなく、暑すぎることなく、吉野川自体もそんなに混んでないので

いい感じですよー

早くしないと大雨が降って、小歩危に行けなくなっちゃうよー

ハイウォーター大歩危も楽しですが、今の小歩危はほんとにいいよー

皆遊びにおいで―

 

 

 

ラフティングと徳島の観光

こんにちは、ラフティングのハッピーラフトでオフィスをしておりますカナです。
こちら、ハッピーラフトの会社の住所は高知県になるのですが、
徳島県との県境すぐそばに位置していて、ラフティングツアーは、徳島県にある日本一の激流と呼ばれる「小歩危」コースと、高知県にある「大歩危」コースで開催しています。
どちらのラフティングコースにもアクセスがよく、ツアー中の移動距離が短く、川でたくさん遊べるような立地条件になってます。
 
今回は、ラフティングに来られるお客さんからよくお問い合わせいただく、ラフティングスポットの近くでできる観光について書いてみようと思います。
せっかく遠くから徳島&高知に足を運んだら、ラフティングだけでなく、観光も満喫してほしい!
なにせ、ここ徳島・高知は自然の美しい場所です。
お山の中の観光スポットにぜひ足を運んでみてほしいです!

ラフティングツアーと合わせておすすめしているのは、
「徳島の祖谷・かずら橋」の観光。
山道をくねくねと走っていった山の中にあるこの辺りで一番おっきな観光地で、
ラフティングのベースになっているハッピーラフトから車で約40分。
日本三大秘境のひとつでもあるらしい徳島・祖谷のかずら橋。
ラフティングツアーに参加しない方が、ラフティングツアーを待っている間にも観光に行ってこれる距離でもあります。
 
 
このかずら橋が作られたのは、、、
 
むかーしむかし、
戦いに敗れた平家・平国盛と幼い安徳天皇は平家の一行と共に徳島の山奥、祖谷の地に逃れてきました。
追手が迫ったとき、谷に架けた橋を簡単に切り落とせるように、あえてシラクチカズラで橋を作った。
 
という説や、
 
その昔、空海が徳島祖谷に来たとき困っている村民のために架けた。
 
という説などあるそうです。
 
 
かずら橋は、シラクチカズラ(重さ約5トン)で作られたもので、長さ45m・幅2m。
 
橋の足元は、横木と横木の間が10センチほど離れているので、かなり隙間が空いていて踏み外すと足がすっぽり落ちてしまう!
しかも、高さ14m。
渡る前に怖気づき、よし行くぞ、と渡り始めると想像以上にぐらぐらと揺れ 
スリル満点。
足がすくんじゃいます。
夏の暑い時期にひやっとできる場所です♩ 
 
かずら橋のすぐ近くには平家の落人たちが琵琶を奏でてお互いを慰めあっていたと言われる『琵琶の滝』もあります。

高さ50mのこの滝はパワースポットになってるらしいのですが、
かずら橋から奥側にあるので見落とす人もいるのでご注意。
(実は、私自身徳島出身で、かずら橋へは何度か行ったことがありましたが、今回初めて知りました。。)

マイナスイオンを感じる美しい滝で、思わず足を止めてしまいました。

見るだけではなく、かずら橋観光は、徳島名物の食べ歩きにもおすすめ★
2児の母で授乳中の底なし沼のような私のお腹に、おいしいものをしこたま吸収してきました!

まずは、徳島祖谷の名物「祖谷そば」。
徳島のこの地方で収穫されたそばで作ってて、つなぎを使わず通常のそばに比べて麺の長さが短い。

私が祖谷そばを頂いたのは、かずら橋に向かう道中にあるお店
「いやそば1,000吉」さん。
かけそばを食べましたが、ゆずが入ってて少し肌寒い日だったので、体がやさしくあったまりおいしかった~
 
次に寄ったのは、
「道の駅西谷」
おそばも食べれる観光案内所。
徳島のお土産を買うスペースがあり、ここで「そばぼうろ」を購入し、食後のおやつに。。
徳島県民である私はちいさいときからよくそばぼうろを食べてました。
徳島以外にもそばぼうろはあるようなのですが、、徳島だけのお菓子だと思ってました。(笑)
ホテル秘境の湯からすぐ近くの場所になります。
 
そして、おやつを食べながら車を2分ほど走らせると
「かずら橋夢舞台」という一番大きな物産館の駐車場に停め、歩いてかずら橋へ。
 いよいよ徳島祖谷の観光のメインである「かずら橋」へ。
 
平日にもかかわらずたくさんの方が来てました。
ぐらぐら揺れるかずら橋に足元がすくみながら渡ってきました。
ふぅ~っ
ラフティングとはまた違ったスリルが・・。
 
さて、ひやっとした後の食べ歩きは
かずら橋すぐ奥にある「太君食堂」さん。
お店の前でおいしそうに焼かれている「でこまわし」に目が奪われる!
じゃがいも・豆腐・こんにゃくを竹串に刺してみそだれを付けたもので、こちらも徳島のご当地グルメ。
素朴な味で、1本2本と食べれてしまう・・・。
鮎やあめごの塩焼きもぜひ食べておきたい徳島名物の一つです!
川の流れを見ながらゆったりとでこまわしを食べ、少し休憩。
 
こちらのお店のすぐそばから、河原へ降りれて、ちゃぷちゃぷできます。
水遊びができる夏は泳いでいる子もいるらしい!
水がとってもきれいで、妊婦時代に戻ったようなお腹を少し休める・・・。
 
かずら橋の反対側へ回ると、今度は
「森のくまさん」というかわいい名前のカフェが。
おいしそうなサンドイッチなどがあり、やまがらという鳥も遊びにくるらしい。
 
ひとしきり食べておなかは大満足!
5月の新緑の美しさに心も癒されました。
 
徳島名物の食べ歩きに満足したので、あとは、徳島祖谷の源泉の温泉で疲れた体とぽっこりお腹を休め、、れれば最高だったんですが、
今回行ったときは時間がなくて温泉は入れなかった。
温泉につかってゆ~くりしたかったなぁ。。
 
徳島の秘境祖谷へ行ったならみなさまぜひお時間ゆっくりとって、温泉巡りするのもいいですよ。 
ラフティングの後の温泉は、また格別!
 
ほど近い高知へ結婚を機に移住してきましたが、今回徳島祖谷を訪れたことで、徳島出身である私は、ホームランゲージである阿波弁に触れ、
徳島のおいしいものを味わい、徳島の良さを改めて感じ、なつかしさに胸がほわっとあったかくなりました。
 
ラフティングだけじゃのおて、ハッピーラフトのある高知も、徳島の観光もえーもんがいっぱいあるでないで!
高知&徳島に来たら絶対行ってきぃよぉ~~~
 
***************************************************************************************************
かずら橋
所在地/徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2
電話/0120-404-344(三好市観光案内所)
営業時間/日の出〜日没まで(毎晩19:00〜21:00は『かずら橋』がライトアップされ、幻想的な姿を見ることができます。※この時間は渡ることはできません)
定休/無休
料金/大人550円、小学生以下350円
P/293台
HP/http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&uid=SS000048
 
***************************************************************************************************